2016年09月12日

げったうぇい。

『ゲッタウェイ』(The Getaway)は、1972年のアメリカ合衆国の映画である。日本公開は1973年。スティーブ・マックイーン主演のアクション映画である。
1994年にはアレック・ボールドウィン、キム・ベイシンガー夫妻(当時、後に離婚)でリメイクされたが、ここでは1972年版を説明する。
夫婦を演じたマックイーンとマッグローは、この作品の共演をきっかけに結婚した。
Wiki

まぁ、普通なアクション。やはりサム・ペキンパー監督なので男臭い。脚本がウォルター・ヒル(マックイーンの推しだそうで)なんで尚更。音楽もマックイーンの推しによりクインシー・ジョーンズになってしまったのはそんだけマックイーンが大スターだからか。ちなみにサムペキ監督は気に入ってないようですが監督作品で一番のヒット作なのは皮肉な話。

ドク・マッコイ(スティーブ・マックィーン)が出所してからストーリーは進が刑務所のシーンがイライラするほど長い。それに淡々としている。サムペキ作品なので計算され尽くしたシーンのようでそうでもなくw。でもこのシーンがあるからこそ主人公がウジウジしちゃうのもなんとなく納得。

ベニヨン(ベン・ジョンソン)の裏取引によって出所するがそれは田舎町の銀行をベニヨンの仲間と襲うもの。ドクの妻キャル(アリ・マッグロー)と共に行動するが金は奪ったものの警備員を殺してしまいついでに仲間にも裏切られてしまうドク&キャル。なんやかやあってベニヨンを殺してしまうが彼の弟一味に追われるドク&キャル。裏切った仲間も殺しに来るし警察にも追われることになるドク&キャル。

逃走劇でテンポはいいんだけどちと納得できない点が。それは「しくじったら○○ホテルな」と強盗計画段階で集合場所を言うのだけどなぜそこに行く?ということ。ホテルの銃撃シーンで盛り上がるんだけど別に行くことないんじゃないの。わざわざ殺されに行くようなもんだしな。それに金だって奪ってあるんだからさっさと逃亡しちゃえよw。

脚本の爪が甘かったかw。でも銃撃ーンは「ウォルター・ヒルやねぇ」という感じでようござんす。ヒルはこの作品がきっかけで監督デビューも果たしたとか。ううむ。これはマックイーン様さまということかな。
posted by ブリ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


美容整形