2013年07月28日

世の中ままならぬパパなのだ。

bbakabon.jpg
バカボンのパパかよw。

本当に世の中ままならぬもんでリキ入れて書いた記事が全然人気無かったりするんです。ま、「人気無い」と言ってもロングテールでジワジワ来ますがね。別にリキ入れて書いたという代物ではないですがやはりwebで晒している以上は「多くの人に読んでもらいたい」わけで。「誰にも見られたくなかったらチラシの裏にでも書いとけよ」みたいなものでw。

そんな「ちょっと残念賞的な」記事を御紹介。べ、別にアンタなんかに読んでもらいたいんじゃないんだからね!ツンデレかよ・・

ping送信のまとめ。
この手のネタはいくつか書いてあるのですが。やはりまとめといたほうがいいかと(つかまとめになってない?)。アクセスアップを謳っているブログにはping送信の記事もあったりするのですが・・ほとんどが「ping送信でアクセスアップだ!」というもの。確かにそうなんですがね。微妙に違うというか。ping送信って各ブログサービスに標準装備で付いてるし「しないよりかはマシ」なレベルなんですよ。これをやったらアクセスアップ確実だというわけではないので。

承認欲求は誰のもの?
あまりにもバカッターが多いので記事にしましたw。「なんでそんな炎上するの?こいつら馬鹿なの?」と思いましたがよく考えたらTLですぐに流れちゃうし(だからちょっと失敗しても忘れちゃう・・)。それにサービス精神旺盛というだけではないのだろうなと考察。ブログだったら「真夜中のラブレター」みたいに1日経ってあらためてみたら死ぬほど恥ずかしいので送らないで良かった事もあるがツイッターは「今が旬」みたいな感じですぐに反応しなきゃアレなところがあるからね〜(汗)。

映画『真夏の方程式』は満員御礼なのも納得!
アクセス無いと言うよりボチボチ検索されているのですがね。「しまった!」と思うのがタレント名が前田吟しか入れなかったということ(前田吟を褒めちぎってたしw)。『容疑者Xの献身』レビューの時は松雪さんや堤真一でメチャクチャ検索されたが今回は映画タイトルのみ(さすがに前田吟で検索する人はいないか)。こんなことなら杏のセクシーショット、福山雅治の足首ショットを書いとくんだった。ジャニタレや旬な役者は無理にでも書いとけば検索されやすいでござるの巻。








タグ:考察
posted by ブリ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

婦女子パワー恐るべし。
Excerpt: 『容疑者Xの献身』レビューの時は松雪さんや堤真一でメチャクチャ検索されたが今回は映画タイトルのみ(さすがに前田吟で検索する人はいないか)。こんなことなら杏のセクシーショット、福山雅治の足首ショットを..
Weblog: なんか・・アレだな(ワシの脳内戯言)。
Tracked: 2013-07-30 20:41


美容整形
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。