2013年12月06日

記事トーナメントに参加してわかったこと。

わたし、わかっちゃったんです(byケイゾク)。

ビバ☆自分じゃないけど「ま、自分の記事はそこそこ面白いほうかな」と思っていたんです。にほんブログ村の記事トーナメントに参加して「井の中のかわず大海を知らず」ということがハッキリわかりました。「準々決勝までいけたら御の字だな」と思ってたのですが。みんなレベル高っ(汗)。

どうやらトーナメント常連さんもいるらしく。その上、常にベストテン入りしているようなブログまで参加しやがりヲイ

どう逆立ちしたって無理です。こんな猛者と戦っても勝てるわけがありません。「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ」という碇シンジ君のお言葉通り逃げずに戦いましたがw。初戦は勝つんだけどねぇ〜2回戦で敗北してます(常に)。というかまだ2回目なのですが。で、記事トーナメントがなんとなくわかりました。

質の非常に高いトラフィックエクスチェンジだな。
「トラフィックエクスチェンジって?」な人はWikiを見るよろし。自分もトラフィックエクスチェンジやってたこともあったけど虚しいこと虚しいこと。でもトーナメントは記事を必ず読んでくれるもんね(やはりブログは読まれてなんぼですからね。それに読まないことには評価できないしw)。

質の非常に高いトラックバック広場だな。
トラックバック広場って誰でもお試しでやってみたことあると思うのですが。まず「宣伝になるから」という理由からやってみる人が多いと思います。でもこういう所は毎日鬼のようにトラバあるので「なんか面白いブログを発掘する」という人は皆無だと思うのです。個人間のトラバの方がよっぽどアクセスあるよ(トラバされた本人しか覗いてくれないけどね)。

一見さんが多い。
なぜならば投票するのに読むだけから。トラフィックエクスチェンジはポイント稼ぐために読む(または読まなくともすっ飛ばす)のでこれまたリピーターにはつながらないけど。トラエクよりはマシか。つか最近にほんブログ村(トーナメント)からぼちぼちリピーターになっている人がいるようです。ありがたいこっちゃ。自分が思うにリピーターというかその日のうちに何度も来る(または他のページも読む)人は記事だけでなくあなた自身に興味持ってるのだと。


★ 投票に関すること。


初回戦はめちゃくちゃ投票率が高いわけ。
こないだ参戦した(結果は2回戦にも行けないの)『第7回 サスペンス映画トーナメント』なんですが。参加者は31名。初回の投票者は174名でちた。ぢつは投票者数が全員31名分の記事を読んで投票したというわけではないのだが(全員分の記事を読んで投票しなければならないという縛りはない。飛ばしても構わないというルール)。それにしたって多くない?参戦者の5倍以上だよ。で、2回戦目はかなーり減って64名が投票。つか極端すぎだよ。これについて考えてみました。

2回戦は初回の半分以下なわけ。
どうやら初回がめちゃくちゃ多いのはトーナメントページで「こんなのやってるよ。投票してね」と一番最初に宣伝しているからではないかと。seoとまるで変わらないですね。つまりトップページの上位表示なら見る人が多いってこと。日にちが経つにつれ新しいトーナメントが表示されるからどんどん下の方に追いやられるのです。だから投票数が少ないのかと。3回戦(準々決勝)に至っては投票数が激減だよ(汗)。

そこで提案。
参加者募集の時は「こんなトーナメントあるよ。参加してね」とアイコン表示して募集しているが。参加者〆ていざ投票を!という時にはテキストでタグクラウド形式にしたら「あ、こんなのやってるんだ」と気づきを与えるというかわかりやすいかも。いくら新着トーナメントを表示させてもタイムラインほどじゃないけど下の方に追いやられてしまうわけだし。

やはりトーナメントに勝ち進む記事はそれなりのワケがある。
準決勝、決勝と進むにつれレベルの高い記事が残ります。中には「何でこんなのが勝ち残るの?」という組織票で持ってるんじゃないの?というのもあるけど。大抵は中身の濃ゆい記事です。自己クリックだけじゃ勝ち残れないよ。そんだけレベルが・・
 

★★


ま、「わかったこと」はそんなもんかな。やはり普通のランキングと違ってトーナメント方式は面白いね。そんだけ実力のある記事が勝ち残るわけだし。組織票でもっているランキングとは一味違うよ。



posted by ブリ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | えせブログ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


美容整形
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。